Perspirex (パースピレックス)

Perspirex(パースピレックス)

『医療用制汗剤』 一回の使用で汗とニオイを3~5日間予防します。

こんな方におすすめ

・汗とニオイのコントロールをしたい方

Perspirex(パースピレックス)の特徴

国際的に認められている制汗剤分類(米国FDA)では、製品を「制汗剤」として分類するためには、20%の発汗抑制が得られなければなりません。30%の発汗抑制が得られる場合、「Extra effective(極めて効果あり)」として分類することが可能となります。

パースピレックスの処方(特許取得)では、使用ごとに65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。市販の制汗剤では同様の抑制効果は得られず、効果の持続は数時間から最大でも24時間となっています。

効果

主成分のFernblock®が、日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減します。また、しみ、しわ、皮膚癌など、光老化を予防する効果もあります。紫外線防御作用は服用から約30分後に発揮され、2.5時間後にも有効であることが臨床試験によって確認されています。更に長時間にわたって効果が持続すると考えられています。

  パースピレックス 市販の制汗剤
効果持続期間 3日~5日 1日
使用頻度 週2回~3回 毎日
入浴後の効果 有り 無し
発汗抑制(%) 約65% 約20%~30%

効果が高い理由

塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応し、水酸化塩化アルミニウムを生成します。これが皮膚上層の細胞のケラチンとともに汗腺内に栓を形成します。

この反応中に副産物である塩酸が生成されます。塩酸は刺激に対して弱い皮膚の部分で炎症や痛みを引き起こすことがありますが、パースピレックスではロールオン式の溶液に乳酸アルミニウムを添加(特許取得)することによってこの問題が解消されました。乳酸アルミニウムが塩酸と反応することで塩酸が消滅して炎症が軽減されると同時に、制汗作用は増大します。乳酸はNMF成分(天然保湿成分)として知られています。

手のひらや足の指間などに塗布しやすい「ローションタイプ」もあります。

ご使用方法

汗腺の活動は夜間に低下するため、就寝前に腋下に2往復塗布します。望まれる効果が得られるまで(通常1週間以内)毎晩使用してください。敏感肌の場合は、1日おきに2週間塗布します。その後は週2~3回、または必要に応じて塗布し、汗とニオイのコントロールをします。

よく乾いた、傷のない皮膚に使用し、塗布後は塗布部位が完全に乾くまで衣類を着用しないでください。必要があれば、塗布する前に扇風機またはヘアードライヤーで皮膚を乾かしてください。

翌朝、石鹸と水で洗い流します。塗り直しはしないでください。

パースピレックスの作用

パースピレックスはアルコールベースの塩化および乳酸アルミニウム溶液であるため、非常に効果的に作用します。

主成分である塩化アルミニウムは汗腺内の水分と反応し、腺内深部に角栓を形成します。この栓が汗腺を密閉し、汗の分泌を一時的に中断させます。しかし、角栓は永続的な栓ではありません。

皮膚表面の角質細胞の剥離に伴って、角栓は排出され、汗腺は再活性化します。この過程は2~7日周期で生じるため、パースピレックスは週2~3回の使用で十分な効果を発揮します。

※使用上の注意

・剃毛・脱毛後48時間は使用しないでください。
・目に入れたり、粘膜に触れさせたりしないでください。
・塗布直後に着用する衣類が、色落ちしてしまう可能性があります。また、宝飾品や貴金属への接触を避けてください。
・まれに、炎症やアレルギー症状を呈することがあります。その場合は使用を止めてください。
・子供には使用しないでください。

料金表

部位・回数 料金 セット価格
パースピレックス
ローションタイプ 手のひら・足の指間用 100ml 4,200円
(税別)
ロールタイプ ワキ用 25ml 4,200円
(税別)

※料金表内に赤色の表記がある場合はトライアル価格、青色の表記がある場合は回数セット価格を表示しています。

ご予約・ご相談・無料カウンセリングお気軽にご相談ください。
カウンセリングのご予約はこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
診療時間/11:00~20:00 日曜休診