理事長挨拶

aisatsu_mini
aisatsu_sp_mini

「より開けた医療としての美容」を目指して

医療法人社団 一信会 ティーアイクリニック院長 田原一郎

私は医学部卒業後消化器外科に入局し、大学病院での診療ならびに大学院での遺伝子および再生医療の研究ののち、救急病院での外科・内科医療に従事してきました。

それらの生活の中でしばしば、「このシワ、シミなんとかできる先生知らないか?」「肌をなんとかきれいにできないか?」といった質問を多数受けてきました。そこで、世の中で、美容についての医学的要求がいかに高いかということを感じ、美容医療に興味を抱くようになりました。しかしながら、まず当初の医師になる目的であった消化器分野、救急医療の習得をまっとうすべく、まさしく「医療」の「現場」に身を置いた次第でありました。

その後、好機に恵まれ美容医療の習得を目指し、都内美容クリニックでの修練を開始することとなりました。ほどなくして美容医療をなんとか自分で責任を持てるようになってきた頃に、「あのクリニックで臨時に診療しに行ってくれないか?」などといった依頼が入るようになりました。実際に診療に臨むと、クリニックによって様々な”営業的”性質があることを知りました。いうまでもなく、クリニックも維持、継続のためには利益をださなければなりません。あるケースではカウンセラーより、「法令線に対してヒアルロン酸をこれだけ注入してください」とお願いされたことがありました。しかし実際拝見すると、以前注入したヒアルロン酸?コラーゲン?が部分的に残存しており、患者様ご本人も気にされているなど、単純にカウンセラーの”指示”通り注入すべきではない状態でした。カウンセラーとしては売上げが減少し、経営的な予定がくるったことになり、私は”望ましくない医師”ということになるでしょう。

このような経験は決して少なくありません。こうしたクリニックの方針は営業第一に考えると有効であり、クリニックの存続、利益のみを追求すると考えられてもおかしくない方法であります。しかしそれでは本末転倒で、「まず第一に安全」で「それが前提の美容医療と医療」を実現するにはいたりません。また、皮膚も全身の中の一臓器であり、当然健康状態と密接な関係があり、皮膚の一症状が病気から出現するものであることもあります。そうしたものに、高い料金を支払って外から光治療を施しても無意味となるでしょう。

これまで培ってきた、一般内科、外科的な知識、全身管理、美容医療の経験に基づき、「この治療は必要で、それ以前に安全か?」といった考察を 徹底的に加えてから、本当にそうであるならば、積極的に治療に導入する。そうしたプロセスを大切にした、患者様に最も有益と言える医療を提供していきたいと思います。より患者様の立場に立ったきめ細やかな診療、すなわち本音で話し合いながら患者様ご自身が納得して選べる、「より開けた医療としての美容」をめざします。 開けているからこそ、直感的に選んでいただいても安全と心から思えるクリニックであると確信しています。

医療法人社団 一信会 ティーアイクリニック院長 田原一郎

経歴

平成11年
日本医科大学医学部 卒業
平成11年
日本医科大学附属病院 第一外科
平成19年
平成立石病院
都内美容クリニック
など
平成24年
当院を開院

資格

医学博士
日本医科大学大学院 分子生物学分野
学位論文 ; Systemic Cancer Gene Therapy Using Adeno-associated Virus Type 1
Vector Expressing MDA-7/IL24
アメリカ遺伝子治療学会にて講演後、Molecular Therapy(Impact Factor 7.149)掲載
日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、
日本抗加齢医学会専門医(2012~2014年)
ご予約・ご相談・無料カウンセリングお気軽にご相談ください。
カウンセリングのご予約はこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
診療時間/11:00~20:00 日曜休診